くらし情報『主演ダンサー二人が語る新国立劇場『コッペリア』の魅力』

2021年4月12日 13:00

主演ダンサー二人が語る新国立劇場『コッペリア』の魅力

主演ダンサー二人が語る新国立劇場『コッペリア』の魅力

新国立劇場はこの5月、バレエ『コッペリア』を上演する。フランスの振付家、ローラン・プティ(1924〜2011)の代表作の一つで、同劇場では2007年以来度々上演している人気演目だ。日替わりで登場する主役4組に名を連ねる池田理沙子、奥村康祐に話を聞いた。

まず作品のあらましについて尋ねると、「従来の版と違って、より現代的な雰囲気。舞台はフランス。エスプリが効いた、独特の世界観がある」と奥村。『コッペリア』はもともと19世紀後半に成立、ポーランドの農村を舞台にほのぼのとした恋物語が展開されるバレエだが、1975年初演のプティ版は、物語のカギを握る人物・コッペリウスに独特の存在感を与え、よりお洒落で大人っぽい作品に。
二人は2017年の上演時に本作に初主演。ヒロイン・スワニルダについて池田は、「一途に、純粋にフランツに恋心を寄せていますが、その若さゆえの思いを強く表現していかないと、ラストのちょっとほろっとしてしまうところに結び付かないと思うんです。プティの振付はコケティッシュな雰囲気を求められることが多く、その世界観を体現するのがすごく難しかったです」と振り返る。
奥村も自身の役を「フランツはスワニルダと恋人同士だけれど、他の女の子も気になる(笑)。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.