くらし情報『芸劇 eyes 番外編 vol.3公演、7月22日から25日までシアターイーストにて開催』

2021年7月8日 12:50

芸劇 eyes 番外編 vol.3公演、7月22日から25日までシアターイーストにて開催

芸劇 eyes 番外編 vol.3公演、7月22日から25日までシアターイーストにて開催

芸劇eyes番外編 vol.3「『もしもし、こちら弱いい派─かそけき声を聴くために─』弱さを肯定する社会へ、演劇からの応答」が7月22日から25日まで、東京芸術劇場シアターイーストにて開催される。

2009年の野田秀樹の芸術監督就任以来、次世代の演劇界を牽引する若い才能を紹介する「芸劇eyes」シリーズを上演している東京芸術劇場。

3回目の上演が決定した番外編では、シリーズのなかでも、さらに選りすぐりの才能がショーケース形式で競演する。これまでの芸劇 eyes シリーズ番外編では、2011年6月に水天宮ピット大 スタジオを会場に上演した第一弾「20 年安泰。」で、ジエン社、バナナ学園純情乙女組、範宙遊泳、 マームとジプシー、ロロが参加。2013年の第二弾「God save the Queen」には、うさぎストライプ、 タカハ劇団、鳥公園、ワワフラミンゴ、Q が参加し、好評を博した。 第三弾では、『もしもし、こちら弱いい派―かそけき声を聴くために―』 と題し、いいへんじ、ウンゲツィーファ、コトリ会議の3団体が登場する。

企画コーディネーターの徳永京子は、「小さな水紋があちこちで自然発生するように、変化は複数の場所でほとんど同時に起きました。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.