くらし情報『役者の熱演が光るミュージカル『マタ・ハリ』、愛知・大阪で』

2021年7月9日 13:35

役者の熱演が光るミュージカル『マタ・ハリ』、愛知・大阪で

柚希礼音撮影:岡千里

柚希礼音撮影:岡千里


2016年に韓国で誕生し、2018年に日本初上陸したミュージカル『マタ・ハリ』が、3年ぶりに再演。6月の東京建物Brillia HALLでの上演を経て、7月10日(土)より愛知、7月16日(金)より大阪での幕が開く。

ミュージカル「マタ・ハリ」チケット情報

『ジキル&ハイド』『スカーレット・ピンパーネル』など、数々のメガヒットミュージカルを生み出してきたフランク・ワイルドホーンが作曲を手掛ける本作。この日本版では、初演に続き石丸さち子が訳詞・翻訳・演出を務めている。描かれるのは、歴史に名を残したひとりの女性の愛と悲劇だ。舞台は1917年、第一次世界大戦の暗雲たれこめるヨーロッパ。ヨーロッパ中から人気を集める魅惑的なダンサー、マタ・ハリが、フランス諜報局のラドゥー大佐から目をつけられスパイとなり、運命に翻弄されていく…。

戦時下で苦しむ民衆たちの叫びが音に乗り、胸へズシンと響くプロローグ。そして朱い衣裳をまとったマタ・ハリが現れ、神秘的な“寺院の踊り”を舞い踊る。世界が暗いムードに覆われる中でステージに立ち続け、踊りによって強いエネルギーを放つマタ。演じるのは、初演から続投の柚希礼音と、初出演となる愛希れいかだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.