くらし情報『科学を楽しく“体感”して学べる、ノーベル賞受賞100年記念『アインシュタイン展』』

2021年8月5日 11:35

科学を楽しく“体感”して学べる、ノーベル賞受賞100年記念『アインシュタイン展』

「アインシュタイン展」入口

「アインシュタイン展」入口


20世紀最高峰の物理学者とたたえられるアルバート・アインシュタイン(1879~1955年)。彼の発見した歴史的な科学理論やその天才肌のキャラクターまでも知ることができる『アインシュタイン展』が、7月17日に大阪でスタートした。

ノーベル賞受賞100年記念 「アインシュタイン展」チケット情報

20世紀前半に『相対性理論』『ブラウン運動』の理論などを提唱し、1921年には『光電効果』の理論的解明によってノーベル物理学賞を受賞したアインシュタイン。2021年はその受賞から100年記念にあたり、本展ではアトラクションなどで分かりやすく科学に触れられる内容が話題に。先立って行われた内覧会より、3つの章で構成されたその内容を解説しよう。

まず第1章では、アインシュタイン本人が投稿したようなSNS風に綴られたヒストリーで、彼の人間味あふれる姿にスポットを当てる。また、1922年に来日した際のエピソードも、ヘブライ大学などが所蔵する写真や直筆原稿を通して紹介する。

続いては、アインシュタインが発表した4つの歴史的論文を体験型の展示を通して学べる第2章へ。予測できない不思議な動きである『ブラウン運動』(この説を証明した論文が『原子の存在の証明』)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.