くらし情報『巨大な恐竜標本やロボットも登場「ティラノサウルス展」』

2021年11月26日 19:36

巨大な恐竜標本やロボットも登場「ティラノサウルス展」

巨大な恐竜標本やロボットも登場「ティラノサウルス展」

史上最強の恐竜に迫る「ティラノサウルス展~T.rex驚異の肉食恐竜~」が2022年2月13日(日)まで名古屋市科学館で開催されている。恐竜の中でも世界で一番有名で人気が高く、研究においても重要な役割を担うティラノサウルス。“暴君竜”の名にふさわしく、太く鋭い歯、頑丈で大きな頭をもつ最大級の肉食恐竜だ。本展では最新の研究結果をもとに、ティラノサウルスの全身復元骨格や実物化石などを展示。さらに迫力の映像体験により、見て学んで体感できる内容だ。

監修した福井県立大学恐竜学研究所の服部創紀助教は「ただ大きく、かっこいいだけではなく、いかに暮らしていたか。本当に地球上にいた生物だとわかるように、いろいろな側面から切り込んでいる。体系的に学べる展示に加え、迫力あるロボットや映像体験を通して、ティラノサウルスを味わい尽くしてほしい」と本展の魅力を語った。

恐竜は、はるか昔の約2億3000年前に誕生したといわれ、それから1億6000年以上の長い間、多種多様に進化を遂げた生物だ。本展第1章の「獣脚類の進化」では、原始的な恐竜類がティラノサウルスに至るまでの道のりを紹介するところから始まる。続いて第2章では「ティラノサウルスの全て」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.