くらし情報『岡田将生が世代を超えて愛される名作戯曲の難役に挑む!』

2021年12月21日 10:00

岡田将生が世代を超えて愛される名作戯曲の難役に挑む!

岡田将生が世代を超えて愛される名作戯曲の難役に挑む!

(C)岩村美佳


1945年にブロードウェイで初演されて以来、国や時代を超えて愛され続けてきたテネシー・ウィリアムズの戯曲『ガラスの動物園』。日本でも幾度となく上演されてきた作品だが、今回は上村聡史の演出に、岡田将生、倉科カナ、竪山隼太、麻実れいが集結して新たな世界を創り出す。上演を前に、本作の語り部でもあるトムを演じる岡田将生に話を聴いた。

「どの時代にも愛される理由が、読めば読むほどわかる作品。そしてトムはとても難しい役なので、それを自分に任せて頂けるのは単純に嬉しかった」と本作出演が決まった時の率直な気持ちをまずは語ってくれた岡田。演出の上村とは『ブラッケン・ムーア~荒地の亡霊~』(2019年)でも一度タッグを組んでおり、「安心して没頭できそう」とも思ったそう。続けて「物語の咀嚼の仕方が面白いし、構造のつくり方も含めやっぱり凄い方だと実感中です。台本を皆で一週間くらい読み合わせをして理解を深めていきながら、それぞれの役に寄り添っていき、この家族ならではの距離感を話し合って深めていってます。作品への愛も日々増すばかりですね」と、上村の演出の魅力を語った。

家族を支えるために倉庫で働くトム、足が不自由なために内向的でガラスの動物園を集めて自分の世界に引きこもる姉ローラ、家族を愛するあまり妄想に支配された母アマンダ、そしてローラが憧れる青年ジム…。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.