くらし情報『中川晃教版『銀河鉄道999』、歌に思いを乗せ三たび発車!』

2022年4月13日 18:00

中川晃教版『銀河鉄道999』、歌に思いを乗せ三たび発車!

中川晃教版『銀河鉄道999』、歌に思いを乗せ三たび発車!

撮影:源賀津己(c)松本零士・東映アニメーション(c)『銀河鉄道999 THE MUSICAL』実行委員会


タイトルを聞いただけで、宇宙空間を駆けていくレトロな列車、長い金髪の謎の美女メーテルの姿が目に浮かぶ人も多いだろう。松本零士の国民的漫画を原作にしたミュージカル『銀河鉄道999 THE MUSICAL』が4月8日、東京・日本青年館ホールで開幕した。

人類が肉体を機械に変えることで永遠の命を手にしている未来が舞台。しかしそうして裕福な人々が永遠の命を謳歌する一方で、高価な機械の体を買えない貧しい者たちとの社会格差は広がっている。そんな中、母親を機械伯爵に殺された少年・星野鉄郎は、謎の美女メーテルに出会い、機械の身体をタダでくれる星を目指し銀河鉄道999号に乗車する……。

主人公・星野鉄郎を演じるのは中川晃教。2018年、2019年に続き3度目の鉄郎役だが、今回はこれまでの“舞台版”ではなく、初の“ミュージカル版”。音楽監督にはゴダイゴのミッキー吉野を迎え、劇中ではゴダイゴが歌ったあの名曲「銀河鉄道999」も初めて使われる。同時に、各キャラクターが葛藤や決意といった心情を歌に乗せて吐露する場面も多く、過去の舞台版に比べて、よりキャラクターの深みが増した印象だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.