くらし情報『現実と幻想が同居する不思議!新国ペレアスの衝撃』

2022年7月1日 13:00

現実と幻想が同居する不思議!新国ペレアスの衝撃

現実と幻想が同居する不思議!新国ペレアスの衝撃

新国立劇場「ペレアスとメリザンド」より撮影:堀田力丸


新国立劇場の2021/22オペラ・シーズンの最後を飾るのは、ドビュッシー《ペレアスとメリザンド》。エクサンプロヴァンス音楽祭、ポーランド国立歌劇場との共同制作で、大野和士芸術監督が指揮する。開幕直前の最終の舞台リハーサルを取材した。
19世紀末の象徴主義の劇作家メーテルリンクの原作に基づく。謎めいた美しいメリザンドと二人の王子(ペレアス、ゴロー)の三角関係。愛と嫉妬が悲劇の結末を招く。このオペラに、いわゆるアリアはない。つまり物語の時間を止めて感情を吐露したり、延々と輝かしい高音を誇示したりする箇所がなく、すべての言葉は、切れ目なく流れる音楽の一部となっている。
演劇とオペラ両方のフィールドで活躍するケイティ・ミッチェルの演出は、リアルだがファンタジック、具体的なのに象徴的。すべてがメリザンドの夢だったという設定は、あまり現実的でないこの物語を〝夢の出来事〟と割り切れて合点がいく。メリザンドは夢の中の自分(黙役の俳優が演じる)の生死に関わりさえする。
随所に埋め込まれている仕掛け(象徴?)も面白い。音楽が始まる前の〝鼻血〟を皮切りにいろいろ出てきて、「これはどんな意味?」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.