くらし情報『ファッションのデジタル化がもたらす2020年のブティックとは?銀座ソニービルにて「eBoutique 2020」が開催中』

2017年6月13日 20:44

ファッションのデジタル化がもたらす2020年のブティックとは?銀座ソニービルにて「eBoutique 2020」が開催中

ファッションのデジタル化がもたらす2020年のブティックとは?銀座ソニービルにて「eBoutique 2020」が開催中
たった数年先の未来でも、私たちが生きる現在とは大きく異なっているかもしれない。そんな予感をさせる様々な技術が次から次へと誕生しています。ファッションも同様に、製品、システム問わずデジタル化の波が押し寄せているのは周知の事実。ファッションのデジタル化によって2020年のブティックはどのようになっているのか。そんな未来を思い描いたブティック「eBoutique 2020」が現在、銀座ソニービル内 Sony Innovation Lounge にて9月末まで開催中。
eBoutique_01
電子ペーパーを紙ではなく布地として捉え、色・柄・形・質感の4つのテーマに基づいて色や柄が変化する素材、それらを加工し組み合わせて作られた時計・メガネ・チョーカー・クラッチバッグが展示されています。
_DSC1399
未来の生地は変幻自在ハンガー型のパネルに展示されているのは TEXTURE,SHAPE,PATTERN,COLOR と4つに分類された電子ペーパー。時間の経過によって色や柄が変化する、まさに未来のテキスタイルです。
_DSC1401
_DSC1403
時間の経過で白から黒へ、黒から白へと色を変えていくのは crocodile と名付けられたテキスタイル。触ってみると実際に凹凸があり、色の変化で奥行きを感じる立体的な素材となっています。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.