78%の人が正解!「つくずく」or「つくづく」あなたはどちらで書きますか?【日本語表記クイズ】

2017年9月12日 07:00
 

働くみなさん、「正しい表現」に自信はありますか? 書類を作成するとき、ちょっとした手紙を書くとき…「あれ? この表現でいいんだっけ?」とふとわからなくなるときがありますよね。また、受けとった書類やリリース、メールに間違いを発見すると「うっかりした人だなぁ」「もしかして雑な人?」とその人への評価が下がることはありませんか?

日本語の「いま」を見つめる国語辞典『大辞泉』が発信しているクイズで、ことばセンス&知識に関して自己点検してみましょう。「間違いやすい表現」をマスターして言葉・表現に自信をもてるビジネスウーマンに♪

問題
「社会の厳しさを○○○○と感じた」あなたは、どちらで書きますか?

1.つくずく

2.つくづく

正解は下に!

(c)Shutterstock.com

正解は?

つくづく。
「社会の厳しさをつくづくと感じた」となります。漢字で書くと“熟”となります。
【ことばの総泉挙/デジタル大辞泉】では78%の人が正解しています(2017年9月7日現在)。

つく‐づく【熟】
(1) 物事を、静かに深く考えたり、注意深く観察したりするさま。よくよく。じっくり。
(2) 物事を痛切に感じるさま。しんから。しみじみ。
(3) もの寂しく、ぼんやりしているさま。つくねん。
※※
語源ははっきりしませんが、「尽く尽く」や「付く付く」、「就きて就きて」から転じたとする説などがあります。
(ことばの総泉挙/デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
ことばの総泉挙/デジタル大辞泉

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.