くらし情報『誰かに「おいしい」と言いたい夜は…『キッチハイク』にひとりで参加してみた』

2017年7月10日 12:00

誰かに「おいしい」と言いたい夜は…『キッチハイク』にひとりで参加してみた

誰かと「おいしい」と言いたい夜は…
おひとりさまの食事は気楽でいい。好きなものを好きなだけ、好きなように食べられるから。
でも、たまには、「誰かとこの美味しさを共有したい」「誰かの手料理を味わいたい」――そんな思いに駆られる夜もあるはず。

以前、当サイトでインタビューした『キッチハイク! 突撃! 世界の晩ごはん』(集英社)の著者、山本雅也さんが共同代表を務める『KitchHike(キッチハイク)』は、料理を提供する「COOK(クック)」と、その料理が食べたい「HIKER(ハイカー)」が、食を通じてつかの間の交流を楽しむ“現代版スナック”とのこと。おひとりさまの参加率も高いらしい。

ならば! 百聞は一見に如かず。どんな感じか体験してみようじゃないの!!!

というわけで、さっそく『キッチハイク』に参加してきました!

キッチハイクは“選ぶ楽しさ”から始まる
大きな期待とちょっぴりの不安を胸に、『KitchHike』のサイトへアクセス。
馴染みのあるメニューはもちろん、世界各国の料理にスイーツ、薬膳からスーパーフードまで、とにかく幅広いジャンルの「Pop-Up(ポップアップ)」(イベントのこと)

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.