くらし情報『「布ガムテープ」「トイレットペーパー」をコンパクトにする方法【トノエル防災研究室】』

「布ガムテープ」「トイレットペーパー」をコンパクトにする方法【トノエル防災研究室】

2018年4月14日 11:50
 

長女(5歳)と長男(3歳)の子育てを、平日はほぼワンオペで行っている、整理収納アドバイザーのトノエルです。

この連載では、防災の専門家ではない主婦が、家族を守るために考えた、もしもの備えをご紹介します。

この備えを構築したのは2年前。

子どもが成長し、引越しをした現在も、年に2回見直ししているので、その状況も合わせてご紹介していきます。

前回までに、筆者の家の非常用持出袋の中身32アイテムをご紹介しました。

※アイテム1~8の詳細を見る
※アイテム9~16の詳細を見る
※アイテム17~24の詳細を見る
※アイテム25~32の詳細を見る

今回は、非常用持出袋の中身の番外編、かさばるアレを小さく持ち運ぶ方法をご紹介します。

関連リンク

・「非常食」は朝・昼・夜で別メニューしたほうがいい理由【トノエル防災研究室】
・北欧生まれの雑貨ショップ【フライングタイガー】のモノトーンアイテム15選
・【GU・ユニクロ】のプチプラアイテムで作る!真似したい大人女子の春コーデ15選☆

あなたの家の、非常時の備えはどうされていますか?

もしものときのために備えておかないといけないとは思いつつ、まだ何もできていないという方に、こんな一例もあるよと参考にしてもらえるとうれしいです。

■ かさばる「布ガムテープ」を持ち運びやすくしてみる!

布ガムテープ


非常時にはとても使い勝手のいい「布ガムテープ」。

非常用持出袋の必需品だと筆者は判断して入れていますが、かさばるのが難点ですよね。

昨年、警視庁警備部災害対策課がガムテープの「持ち運びの時のひと工夫」をツイッターで投稿し、話題になりました。

その方法は「芯の部分を柔らかくなるまで押し潰して取り除き、平らにして輪ゴムで束ねると、非常用持出袋の隙間にも入れることができます」とのこと。

そこで、筆者も実際にやってみました。

平らに潰した布ガムテープ


恥ずかしながら筆者は筋力に乏しく、力には自信がないのですが、体重をかけて押したら簡単に潰すことができました。

潰した布ガムテープ


芯の内側がめくれてきたので、そこからはがしてみましたが、途中で途切れてしまいました。

潰した布ガムテープ


そこで、先ほど潰したのとは違う方向に潰してみると、芯の内側から浮き上がってきたので、一気にはがし取ることができました。
潰した布ガムテープ


内側に薄皮を1枚残ったので、内側がべたつくこともありません。

潰した布ガムテープ


ゴムでとめると、無事に小さくなりました(筆者宅には輪ゴムがないので、子どもの髪ゴムを拝借しました)。

潰した布ガムテープと普通の布ガムテープ


同じくらいのサイズのガムテープと比べたところです。

とても薄くなったので、非常用持出袋にも忍ばせやすくなりました。

潰した布ガムテープの使い心地


念のために、きちんと使えるか確認しましたが、問題はないようです。

「非常用持出袋にガムテープを」というのは、警視庁も推薦しているくらいなので、そもそもこのような形状のガムテープが非常用に販売されててもいいのになと思いました。

非常用のみならず、収納にも携帯にも便利なこの形状のガムテープ、あったらいいな!と思うのは筆者だけではないですよね。

■ かさばる「トイレットペーパー」も持ち運びやすくしてみた!

トイレットペーパー


布ガムテープと同じく非常時には大切な「トイレットペーパー」。こちらも同様にかさばりますよね。

潰したトイレットペーパー


ついでに、トイレットペーパーも潰してみました。

こちらは、ひ弱な筆者でも、あっという間に潰すことができました。

潰したトイレットペーパーと普通のトイレットペーパー


潰したモノと潰していないモノの比較です。

筆者が愛用しているトイレットペーパーは1.5倍巻きのモノなので、通常のモノならもっと薄くなると思います。

潰したトイレットペーパーを入れたジッパー袋


ジッパー付きのプラスチック袋に入れれば、衛生的ですよね。

いかがでしたか?

今回は、非常用持出袋の中身の番外編、かさばる布ガムテープとトイレットペーパーを小さく持ち運ぶ方法をご紹介しました。

次回は、いよいよ最後の場面「CASE3:在宅避難」の状況を詳しく想像していきます。

丁寧な暮らしに憧れがあっても、まず大切なのは家族と自分の命。日々の暮らしと、防災、どちらかに偏ることなく、ほどよいバランスを見つけていきたいですね。

このシリーズが、あなたの家のもしもの備えについて考えるきっかけや、ヒントにしてもらえるとうれしいです。

「丁寧っぽい暮らし」をめざす、トノエルでした。

【参考】

※警視庁警備部災害対策課ツイッター

これまでの記事をよむ「トノエル防災研究室」

・序章「もしもの備え、一緒に考えてみませんか?」
・CASE1:超緊急避難「3つに分けた「もしも」の場面とは?」
・CASE1:超緊急避難「マンション火災、土砂崩れ…。「超緊急避難」ってなに?」
・CASE1:超緊急避難超緊急避難のときに持つ「非常持出し袋」に入れるモノとは?
・CASE1:超緊急避難 「いつものバッグ」に入れている「こどもポーチ」と「おでかけポーチ」って?
・CASE1:超緊急避難「いつものバッグ」の置き場所は普段も緊急時も同じ」
・CASE2:緊急避難「「緊急避難」=非常時の対策って考えてますか?」
・CASE2:緊急避難「非常持出袋の中身、32アイテム全部見せます!・その1」
・CASE2:緊急避難「非常用持出袋を車にも置くべき理由って?」
・CASE2:緊急避難「非常用持出袋には「リュック」が一番!な理由」
・CASE2:緊急避難「非常用持出袋の中身、32アイテム全部見せます!・その2」
・CASE2:緊急避難「非常用持出袋の中身、32アイテム全部見せます!・その3」
・CASE2:緊急避難「非常用持出袋の中身、32アイテム全部見せます!・その4」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.