くらし情報『「非常食」は朝・昼・夜で別メニューしたほうがいい理由【トノエル防災研究室】』

2018年4月21日 11:50

「非常食」は朝・昼・夜で別メニューしたほうがいい理由【トノエル防災研究室】

長女(5歳)と長男(3歳)の子育てを、平日はほぼワンオペで行っている、整理収納アドバイザーのトノエルです。

この連載では、防災の専門家ではない主婦が、家族を守るために考えた、もしもの備えをご紹介します。

この備えを構築したのは2年前。子どもが成長し、引越しをした現在も、年に2回見直ししているので、その状況も合わせてご紹介していきます。

前回は、在宅避難のための食糧備蓄法「ローリングストック」をあきらめた話をしました。

次回は、そんな筆者がたどりついた、「非常食の備蓄法」をご紹介します。

あなたのお家の、非常時の備えはどうされていますか?

もしものときのために備えておかないといけないとは思いつつ、まだ何もできていないという方に、こんな一例もあるよと参考にしてもらえるとうれしいです。
非常食

和尚 / PIXTA(ピクスタ)

■ 「ローリングストック」をあきらめて、たどりついた凄い食糧備蓄法

前回もご紹介した「ローリングストック」。

内閣府の防災情報のサイトによると、「ローリングストック」とは日常的に非常食を食べて、食べたら買い足すという行為を繰り返し、常に家庭に新しい非常食を備蓄する方法のことをいいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.