くらし情報『光熱費がかかりすぎる、雨漏り…。失敗間取りのNGポイント4つ』

2018年7月18日 17:50

光熱費がかかりすぎる、雨漏り…。失敗間取りのNGポイント4つ

自宅を計画する際に、一番最初に悩むのが間取りだと思います。

「広くて明るいリビングがほしい」「家事のしやすい間取りにしたい」……、このように希望はつきないですね。

家を建ててから「失敗した!」「欠陥住宅では?」と後悔する住宅は、実は間取りが原因になっていることが多いのです。

今回は、筆者に寄せられる相談のなかで特に多い、「失敗間取り」についてのお話しです。

■ 1.光熱費がかかりすぎの間取り

間取りのミスで多いのが「光熱費がかかりすぎる」間取りです。

「吹き抜け」「リビング内部の階段室」「出窓」は、そこに気積があるので、余計に光熱費がかかります。
光熱費

yamahide / PIXTA(ピクスタ)

「うちは高断熱だから、光熱費は、さほどかかりませんよ!」というメーカーの言葉を信じて、吹き抜けを造ったけれど、寒いし暑いしで困っているという声をよく聞きます。

また、モデルルームなどでよく見かける、階段室や廊下に面した「フリールーム」は、広々として憧れますが、空間を広く見せるためのものであって現実的ではありません。

間取り図1をご覧ください。

光熱費がかかりすぎる、雨漏り…。失敗間取りのNGポイント4つ


こちらは相談に持ち込まれた間取り図です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.