くらし情報『アラサー世代の7割以上が「スマホ依存」と自覚!脱却する方法2つ』

2018年4月9日 21:30

アラサー世代の7割以上が「スマホ依存」と自覚!脱却する方法2つ

あなたは日々の生活でスマートフォンにどれくらい”依存”していますか?

20代~60代を対象にしたある調査によると、アラサー世代(25歳~34歳)の実に70%以上が自身を”スマホ中毒”と感じているそう。

アラサー世代の7割以上が「スマホ依存」と自覚!脱却する方法2つ


アラサー世代の7割以上が「スマホ依存」と自覚!脱却する方法2つ


上のグラフは、「20年前の女性」と「現代の女性」の肌弾力を比較したデータですが、現代の20代女性は20年前と比較して、この10年で肌弾力が大きく低下していることが判明!

睡眠不足や視力低下、コミュニケーション不足に陥るなど今や世代を問わず問題視されているこの”スマホ依存”。

どうやらアラサー世代のお肌にもよくない影響があるようです。
スマホ依存

SoutaBank / PIXTA(ピクスタ)

■ 「ブルーライト」は肌力低下の原因にもなる!?
寝室でスマホ

プラナ / PIXTA(ピクスタ)

スマートフォンの影響として広く知られているのが「ブルーライト」。

実はこのブルーライト、肌の奥にも届いて、さまざまな影響を及ぼすことをご存知ですか?

アラサー世代の7割以上が「スマホ依存」と自覚!脱却する方法2つ


スマホ世代のアラサー世代が、就寝前にスマートフォンを使用する割合は94%!

アラサー世代の筆者も、寝る前に明日の天気やSNSをチェックしたり、アラームをセットしたり……、就寝前のちょっとスマホを確認する行為はもはや日課です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.