くらし情報『片付けが予測した時間内に終わらない理由!心理学を応用した片付け習慣・その17』

2018年9月17日 17:50

片付けが予測した時間内に終わらない理由!心理学を応用した片付け習慣・その17

心理学を応用した片付け習慣・その16」でもご紹介した通り、人は予測を立てるのが苦手です。

今回は、人が予測する片付けにかかる時間がいかに曖昧なものかについてご紹介いたします。

■ その片付け、どのくらい時間がかかりますか?

片付けに必要な時間を考える時に、今までの経験を参考にする方も多いでしょう。

「去年はこのくらいかかったから」「似たような片付けでこのくらいかかったから」というのが、判断の根拠になります。
片付け

つむぎ / PIXTA(ピクスタ)

しかし、一年のうちに数回程度しかない衣替えや大掃除などの所要時間は、記憶も曖昧になりがちです。
衣替え

SoutaBank / PIXTA(ピクスタ)

そんな時は、「なんとなく、このくらいで終わりそう」というとても曖昧な判断になってしまうのも仕方ありません。

■ 人の心理が分かる!課題提出に必要な時間を予測する実験

片付けに必要な時間を予測する上で、参考にしたい事例があります。

カリフォルニア大学の経済学教授、ステファノ・デラ・ヴィーニャ氏によって行われた実験です。

被験者となる学生を集めて、課題として論文を作成してもらいます。
論文

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.