くらし情報『丁寧な暮らしには、丁寧な道具を。造形作家の作る日用品』

2018年7月3日 21:30

丁寧な暮らしには、丁寧な道具を。造形作家の作る日用品

造形作家の関田孝将さんは、武蔵野美術大学を卒業後、塗装や内装、建築などの手伝いをしながら自身の作品作りを続けてきました。

2004年からは立川市にある石田倉庫に工房を構え、2018年4月より同市にて新たなアトリエを拠点として活動中。

国立市のイベントスペース『ラマパコス』の運営もしています。

■ 工芸品と大量生産の間をめざす
関田孝将さん

関田孝将さん
銅製の鍋シリーズは、完全受注生産。ミルクパン 22680円〜/コヘル 19440円〜

銅製の鍋シリーズは、完全受注生産。ミルクパン 22,680円〜/コヘル 19,440円〜

「どうやってできているのかを知りたいと思うんです。だから、身の回りで使うものは、全部自分で作りたいと思うようになりました。鍋やスプーンといった小物から、最終的には家を作りたいんですよね(笑)」とゆったりとした口調で語る関田さん。

まっすぐにものづくりと向き合う姿勢と好奇心は、その穏やかな人柄とは反対の情熱を感じます。

丁寧な暮らしには、丁寧な道具を。造形作家の作る日用品

製作風景。大学の頃から使用しているという、関田さんオリジナルの製作台

製作風景。大学の頃から使用しているという、関田さんオリジナルの製作台

はじめは自分が使うために作っていたという銅製の鍋シリーズは、1点1点丁寧に手作りされています。

絵本に出てきそうな、有機的で美しい曲線をもつ鍋やミルクパン、カトラリー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.