くらし情報『家好き芸人、アンガールズ・田中さんが建築家の自邸を突撃取材!【住まいの設計2018年9月号】』

2018年7月13日 17:00

家好き芸人、アンガールズ・田中さんが建築家の自邸を突撃取材!【住まいの設計2018年9月号】

7月21日発売の『住まいの設計9月号』より、家好き芸人、アンガールズ・田中さんが建築家の自邸を突撃取材する新連載がスタートします。

アンガールズ・田中さんは広島大学工学部第四類建築学部卒業。大学では建築の構造を研究し、得意分野は日本建築だそうです。

今回は東京・渋谷区で築40年、158.8㎡(48.12坪)、鉄骨造3階建ての建物をリノベーションしたPuddleの加藤匡毅さん宅を取材しました。

■ 音楽を奏でるキッチン?

家好き芸人、アンガールズ・田中さんが建築家の自邸を突撃取材!【住まいの設計2018年9月号】


渋谷の奥= “奥渋” と呼ばれるおしゃれエリアに、建築家・加藤匡毅さんの事務所兼自宅があります。

「築40年ほどの鉄骨3階建ての空き家をリノベーションしました。改修前は壁がピンク色だったんですよ」と聞いて、「ピンク!?それはローセンスだわ~」と驚く田中さん。

グレーに塗り替えられた外壁に緑が映える、モダンな外観に生まれ変わっています。

1階が事務所で2・3階が住居になっており、2階LDKの中心には存在感のあるアイランドキッチンが配されています。

家好き芸人、アンガールズ・田中さんが建築家の自邸を突撃取材!【住まいの設計2018年9月号】


キッチンの天板には、妻・奈香さんの要望により銅板を採用。

「銅板は病院などでも使われていて、衛生的で用途にも合っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.