くらし情報『濡れた傘、放置しちゃダメ!100均アイテムでできる防カビ・雑菌対策』

2018年7月27日 17:50

濡れた傘、放置しちゃダメ!100均アイテムでできる防カビ・雑菌対策

これからの季節、台風の影響で大雨が降る可能性も高くなりますね。

濡れっぱなしの傘をそのままにしておくと、カビや雑菌の温床になってしまいます。ニオイも気になりますよね。

では、カビや雑菌が増えないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?

今回は、筆者宅で実践している傘の防カビ・雑菌対策をご紹介したいと思います。

■ 濡れた傘は「傘立て」に差しておくだけではダメ!
傘

bee / PIXTA(ピクスタ)

雨で濡れた傘を、傘立てなどに置きっ放しにすると、なぜよくないのでしょうか?

文部科学省のサイトにある「カビ対策マニュアル 基礎編」によると、カビは、温度が25~28度、雑菌は36~38度が最適生育温度といわれています。

湿度においては80%以上、しかも栄養分があると発生しやすいそう。

傘にカビや雑菌がいる状態では、衛生的にも良くありませんし、ニオイもしてきますので、とても不快になります。

ですから、使った後は放置しないようにすることが大切です。とはいえ、濡れた傘をどのようにケアすれば良いのでしょうか?

■ 100均の「園芸グッズ」で傘の水をすっきり切れるアイテムを作ろう

100円均の園芸グッズをメインに使えば、傘の水をすっきりと切れるアイテムを簡単に作ることができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.