くらし情報『幼児、小学生、中学生…。「子どもの成長別」住まいの工夫ポイント』

2018年8月7日 21:30

幼児、小学生、中学生…。「子どもの成長別」住まいの工夫ポイント

家づくり進行中は、我が家の子どもたちは1歳と3歳でした。

まだまだ小さい子どもたちは、親の私たちと過ごす時間が多い保育園児でしたが、小学生、中学生、高校生、そしてその先の子どもたちの姿を夢見ながらの家づくりがスタートしました。

子どもの成長とともに行った住まいの工夫についてのお話です。

■ 幼児期、小学期、中学以降…。子どもの成長過程で住まいの役割が変わる!

イラスト


家づくりのスタートは、広々とした間取りで、いつでも家族の存在を感じるような家を理想としていました。

しかし具体的な間取りを考え始めて気づいたことは、家づくりは完成してからが家族の生活がスタートするということです。

今は一緒に時間を過ごすことばかりですが、成長と共にそっと見守ることも大切にもなってくることでしょう。

この先ずっと家族が暮らしていくには、現状の理想だけではなく、3年後、5年後、10年後、20年後、さらにその先の家族の在り方まで想像してみることが重要です。

子どもの成長と共に変わっていく住まいの役割を考えた、我が家の工夫点をご紹介します。

■ 幼児期から小学期は、1階が主な生活スペース!

1階は、リビング、ダイニング、キッチン、畳スペースを間仕切りなく設けました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.