くらし情報『写真家・小林キユウの森をめぐる冒険【目指せトーベ・ヤンソン!】』

2018年8月30日 11:50

写真家・小林キユウの森をめぐる冒険【目指せトーベ・ヤンソン!】

そもそも、なぜ森が欲しかったのか……。

それはひとことで言ってしまうと、もう一つの場所が欲しかったからだと思う。

いま風に言えば、住居の2拠点化ということになるかもしれないけれど、僕としてはそこまで大げさなことではないと思っている。

■ フリーのカメラマンになったものの…

きっかけは20年前。その時、僕は30歳でフリーのカメラマンになったばかりだった。
新聞社

チータン / PIXTA(ピクスタ)

8年間勤めた新聞社時代は休日が極端に少ない職場で、そもそもお盆や正月休みという発想するない職場だったので、僕は長期の旅行に飢えていた。

フリーになったのはいいけど、基本超ヒマだった(笑)。そんな時、取材で知り合った友人から、誘いを受けた。

友人は数年前からロシア語を習っていて、同国東端カムチャッカ半島のペトロパブロフスキーという都市に留学中だった。

現地の大学で日本語も教えながら、自身もさらなるロシア語上達を目指していた。

大学側からアパートの一室をあてがわれていたが、本人は日常会話の上達のために一般の家庭にホームステイしていた。

「使ってないアパートが一部屋あります。ただいま無料で貸出中です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.