くらし情報『ゆるーい子ども部屋のススメ【自営業の妻、3年かかって家を買う】』

2018年8月27日 11:50

ゆるーい子ども部屋のススメ【自営業の妻、3年かかって家を買う】

中古マンションをリノベーションするにあたり、間取りを考えていた時、子どもはまだお腹の中にいました。

なのに、私たちは「子ども部屋」を作りませんでした。

子ども部屋って必要なのかな?

本当に必要になった時に考えても遅くないと考え「作らない」選択をしました。

■ 「リビング学習」が主流の今、子ども部屋は必要ない!?

子どものおもちゃ


どうして、リノベーションする時に子ども部屋を作らなかったのか?

大きな理由として、子どもが何人になるかわからなかったからというのがあります。

第一子を妊娠中にマンションリノベーションをしたのですが、子ども部屋のことを考えると、何人分用意をしたらいいのかな?

今後、何人の子どもを産むことになるか決めていないし、できないかもしれない。

友人は、どうしても子どもが2人欲しかったので、私と同じ第一子妊娠中に建てた新築狭小住宅に、子ども部屋を頑張ってふたつ作っていました。

LDK


もう一つの理由として、最近の子育て事情では「リビング学習」が主流だと知ったからです。

「東大に進学した子は、リビング学習していた」といった情報が、子育て雑誌などでもたびたび紹介されて、今や多くの家庭でこの学習方法が取り入れられています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.