くらし情報『子どもが巣立ってもOK!子ども部屋は「仕切り」を設けてつくる』

2018年8月31日 20:30

子どもが巣立ってもOK!子ども部屋は「仕切り」を設けてつくる

整理収納のご依頼をいただくなかで、たまに60代の方のお宅に伺うことがあります。

そのようなお宅は子どもすでに独立していて、子ども部屋が「開かずの間」と化した物置部屋になっているのが大きな特徴です。

30代と60代のお住まいでまったく異なるのは、家の築年数はもちろん、古い思い出の品の量なのですが、整理収納を要望いただくのはリビングやダイニングで、「開かずの間」の整理を要望いただくのは意外にも少ないんです。

これは、「子ども達の部屋は、それぞれの子どものもの」というお考えがあるのと、子ども部屋は扉で見えないので、雑然としていても、モノが積まれた状態でも視界に入らないためだと思われます。

そのため、新築のご相談を受けるときに強くオススメすることがあります。

それは「それぞれのお子様の部屋を作るのではなく、大きな部屋を可動式の仕切りで分けませんか」という提案です。

■ 天井までの「可動式収納」で仕切って子ども部屋を作ろう!

おすすめしたいのは「可動式収納」です。
可動式収納

runa / PIXTA(ピクスタ)

天井近くまで高さのある収納で、一見普通のクローゼットのように見えますが、移動できるので「仕切り」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.