くらし情報『超大型の台風が次々来襲!暴風雨で被害に遭いやすい住宅設備3つ』

2018年9月5日 21:30

超大型の台風が次々来襲!暴風雨で被害に遭いやすい住宅設備3つ

9月4日に非常に強い勢力がある台風21号が西日本を通過し、関西を中心に甚大な被害を出しました。

気象庁によると今年発生した台風数は9月4日現在で21個にのぼり、このままのペースで台風が発生すると、過去10年間でもっとも台風が多かった2013年の31個を上回る可能性があります。

上陸すると大きな被害をもたらす台風ですが、住宅設備のなかでも台風の被害を受けやすい設備や箇所を3つご紹介します。

■ 1.「テレビアンテナ」窓ガラス、外壁、屋根などを破壊原因にも!

台風の脅威といえば強風と大雨です。
台風

amanai motoki / PIXTA(ピクスタ)

なかでも強風は住宅に大きな被害をもたらしますが、住宅設備で一番早く強風の被害を受けるのが、屋根の上に設置されている「アンテナ」です。
テレビアンテナ

YNS / PIXTA(ピクスタ)

台風が去ったあと、電気工事店や住宅管理会社には「アンテナが壊れてテレビが映らない」「アンテナが飛ばされてしまった」といった問い合わせが非常に多くなります。

アンテナが飛ばされるとテレビ放送が受信できないだけではなく、その飛ばされたアンテナが窓ガラスや外壁、屋根などを破壊する場合もあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.