くらし情報『台風被害、戸建ては「アンテナ」、マンションは「ガラス」に注意!』

2018年9月29日 21:30

台風被害、戸建ては「アンテナ」、マンションは「ガラス」に注意!

酷暑による熱中症や、豪雨災害、そして次から次へと日本を襲う台風。

これら2018年の異常気象は、各地で甚大な被害をもたらしました。

関西を直撃した台風21号は、関西国際空港閉鎖で多くの人が孤立、日本各地でも大きな爪痕を残し、今なおその被害は続いています。

台風のニュースを見るたび、その被害の大きさに驚き、引き続き注意と日々の備えが必要であることを感じますが、実際にどのような被害が多いのでしょうか?

今回は、”台風による住まいの被害”のお話です。

■ 戸建は”屋根”、マンションは”窓ガラス”、お店は”入り口”に被害
台風

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

「シェアリングテクノロジー株式会社」が、台風21号による台風被害相談に関する実態を調査。

こちらの調査では、最大風速44メートル以上を記録した台風21号により7,443件もの”アンテナやガラス、雨漏り、シャッター”などの台風関連被害と思われる相談が寄せられました。

住宅の被害箇所について見てみると、建物によって台風被害の傾向が違うことが判明しました。

台風被害、戸建ては「アンテナ」、マンションは「ガラス」に注意!


”戸建て住宅”では「アンテナ故障」の相談が44.3%でトップ。

また、「雨漏り」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.