くらし情報『10月19日は「イクメン」の日!男性の家事・育児参加時間は女性の6分の1って本当?』

2018年10月19日 11:50

10月19日は「イクメン」の日!男性の家事・育児参加時間は女性の6分の1って本当?

本日、10月19日は2011年から「イクメンの日」と制定されていますが、まだまだ家事・育児に参加する男性が少ないと言われる日本。

共働き世帯が増えている中、実際のところ男性の家事・育児への参加度はどのくらいなのでしょうか。

■ 男性が毎日行う家事・育児の頻度は女性の半分以下

出前・デリバリーに関する調査研究と情報発信を行う出前総研が行った調査では、家事・育児の頻度で「毎日」と回答した女性が93.3%だったのに対して男性は40.2%と半分にも満たないことがわかりました。

10月19日は「イクメン」の日!男性の家事・育児参加時間は女性の6分の1って本当?


さらに家事・育児に参加している時について問うと男性の25.4%が「休日のみ」、15.6%が「気が向いた時」と回答。改めて女性の家事・育児の負担が大きいことが浮き彫りになっています。

10月19日は「イクメン」の日!男性の家事・育児参加時間は女性の6分の1って本当?


2017年12月に出前総研が行った調査によると、子どものいる既婚女性が普段行っていて「負担に感じている家事」は、1位が「掃除(60.9%)」、2位が「料理(47.9%)」、3位が「食器洗い(46.0%)」でした。

また「時短したい家事」は、1位が「料理(60.9%)」で、負担に感じている家事の回答率を大きく上回っており、食事関係の家事に関して負担を感じている人が多いようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.