くらし情報『不仲な夫婦の妻は平均額898万円!シニア夫婦の「へそくり」事情』

2018年10月30日 17:50

不仲な夫婦の妻は平均額898万円!シニア夫婦の「へそくり」事情

「へそくり」と聞くと、本に挟んでおく、タンス預金など、ちょっとお金を隠しておくというイメージがありますよね。

しかし、シニア層のへそくり事情は、どうもイメージと違うようなんです。

自分の欲しいものを買ったり、美味しいもの食べたりと、自分の楽しみに使うというよりは、もっとリアルな考えで貯めているみたいです。

今回は、そんなシニア夫婦のへそくりについてのお話です。

■ 平均額は436万円!シニア層の半数以上が「へそくり」アリ

「株式会社ハルメク」は、60~79歳の婚姻関係のあるシニア男女437名を対象に「夫婦関係とへそくり」に関するアンケート調査を実施しました。

まずは、シニア層のへそくり事情を見ていきましょう。

アンケート


なんと、シニアの半数以上である53.5%が「へそくりを貯めている」と回答しています。
へそくり

佐竹 美幸 / PIXTA(ピクスタ)

そして驚きなのはその額。平均へそくり額は436万円。

茶封筒にそれほど多くはない額のお金をこっそり隠しておく、という筆者のイメージとは別物でした。
へそくり

shu / PIXTA(ピクスタ)

実は30代男性の大卒・中小企業勤務者の平均年収に相当するかなりの金額を貯めているようなんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.