くらし情報『東日本大震災を経験して分かった!「防災グッズ」は衣食住に分けた方がいい理由』

2018年11月9日 17:50

東日本大震災を経験して分かった!「防災グッズ」は衣食住に分けた方がいい理由

防災グッズは、市販されている物を購入することである程度をカバーすることができます。

しかし、東日本大震災を体験した筆者は、それだけではカバーできない部分もあるということを、身をもって体験しました。

今回は、防災グッズとして必要なものを迷わず準備できるように「衣食住」の3つに分けて用意する方法を書きます。

■ 最初の避難時に持ち運ぶ防災グッズの準備

防災グッズ


基本は、市販されているものを使ってもいいです。ただ、不足部分を補うために準備しておきたい(持って出た方が良い)ものを「衣食住」に分けて準備することをおすすします。

ポイントは、いかにコンパクトにまとめて背負えるかです(両手が使えることが大切です)。
「衣」の準備
衣服


ここは、衣類など身につける物と考えてください。
  • 雨風に強い上着(季節を問わずウィンドブレーカーのような上着は重宝します。)
  • タオルと大きめバスタオルなど(拭くことも掛けることもできます)
  • 生理用品(1日分は試供品などで補えます)
「食」の準備
食品

  • 缶詰(カンパンやパンなど、開けたらすぐ食べられる物)
  • 飲料水(長期保存水がオススメです)
  • 甘い物(すぐに口に入れられるアメなど)
「住」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.