くらし情報『老後に住まいを失くさないために…知っておくべき方法とは?』

2018年11月23日 21:30

老後に住まいを失くさないために…知っておくべき方法とは?

さまざまな理由で将来的に自宅を失う可能性は「誰にでも」あります。

今回は「将来、自宅を失くさないための方法」のひとつである「リバースモーゲージローン」の仕組みと注意点について解説します。

■ 老後に生活資金が尽きたら…
要介護

プラナ / PIXTA(ピクスタ)

長年働き続け、悠々自適のリタイア生活を送っていても、様々な事情で生活資金が足りなくなってしまった場合に、持ち家を売却すれば資金を得ることができますが、長年住み慣れた自宅には住めなくなってしまいます。

そんなとき、知っておきたいのはいくつかの金融機関や自治体が扱っている「リバースモーゲージローン」の仕組みです。
リバースモーゲージローンの仕組みとは?
老後に住まいを失くさないために…知っておくべき方法とは?

saki / PIXTA(ピクスタ)

「リバースモーゲージローン」とは、自宅不動産を担保にして毎月一定の生活費を借りられる、高齢者向けのローンです。

通常、ローンとは、借り入れた金額を毎月分割して返済することで借入金が「減っていく」仕組みですが、リバースモーゲージローンでは毎月一定の金額を生活費として受け取ることで、借入金が「毎月増えていく」という仕組みです(※年金タイプの場合)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.