くらし情報『寿命が延びると住まいにかかる費用も増える!家を購入した方が良い高齢単身者とは?』

2018年12月13日 21:30

寿命が延びると住まいにかかる費用も増える!家を購入した方が良い高齢単身者とは?

「人生100年時代」といったテーマで、マスコミが高齢化を取りあげ、世間も関心を持つようになりました。

高齢単身者の住まいについても注目が集まっています。

住宅を所有したほうがよいか、賃貸のほうがよいか論議がすでに行われていますが、今回は、高齢になったときに持ち家の方がよいケースについて考えます。

■ 1. 今、高齢単身者の住宅事情は?
高齢者

【IWJ】Image Works Japan / PIXTA(ピクスタ)

総務省統計局・平成25年住宅土地調査によると、高齢者(65歳以上)がいる世帯のうち、高齢単身世帯は26.5%。

さらに、高齢単身世帯のうち、33.9%は賃貸住宅に居住しています。
1-1高齢単身者の賃貸需要と供給はアンバランス
東京

まちゃー / PIXTA(ピクスタ)

今後、賃貸住宅の需要の多くを支える単独世帯が増加傾向にあります。

国立社会保障・人口問題研究所による予測では、2035年の単独世帯(一人暮らしの人)の数は、2015年を100とすると、愛知では110.9、大阪では103.9、東京では103.6、福岡では100.3です。

このことから、単独世帯における高齢者構成比は増加し、高齢単身世帯の賃貸需要も増えるといえます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.