くらし情報『法改正で住宅ローン減税延長、すまい給付金拡大!家はいつ買うのが得?』

2019年1月19日 21:30

法改正で住宅ローン減税延長、すまい給付金拡大!家はいつ買うのが得?

2018年12月14日、自民、公明両党は「年度税制改正大綱」を決定しました。

これには、2019年10月の消費税増税に備え、住宅購入に伴う減税措置を拡充することが盛り込まれています。

増税後に住宅を購入した場合、住宅ローン減税の期間が現行の10年から3年間延長することも決定しました。

今回の改正は住宅購入にどう影響するのでしょうか?

住宅ローン減税延長の効果が消費税上昇分を相殺する?

現在の住宅ローン減税は、年末の住宅ローン残高の1%が10年間所得税や住民税から控除され、その上限は40万円となっています(認定長期優良住宅や低炭素建築物の場合を除く)。
住宅ローン

Naoaki / PIXTA(ピクスタ)

一方、消費税10%で物件を取得した場合、建物価格の2%か、年末ローン残高の1%のどちらか「小さい方」を11年目から13年目まで控除されることになります(2020年末までに取得・居住した場合、年収が3,000万円以下の場合などの諸要件あり)。

例えば、Aさんが
  • 建物価格2,500万円
  • 土地価格1,500万円
  • 35年ローン元利均等返済で金利1.5%
  • 夫の年収700万円、妻の年収100万円、子ども1人(扶養人数2人)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.