くらし情報『ローン残高が半分に!「がん50%保障」って知ってる?』

2019年1月7日 21:30

ローン残高が半分に!「がん50%保障」って知ってる?

団体信用生命保険(団信)への加入は、住宅ローンを借りるためには欠かせません。

中には、加入しなくても大丈夫なところもありますが、ほとんどが加入は必須です。

団信は、住宅ローンを契約した人に万一のことがあり、返済できなくなったときに保険会社から金融機関へローンの残高分が支払われます。

さらに団信には特約があり、3大疾病保障特約付きや8大疾病保障特約付きなど、その種類はさまざまです。

今回はその中でも「がん50%保障」についてピックアップしてご紹介していきたいと思います。
「がん50%保障」とは?
がん50%保障は、ローン契約者が所定のがん(悪性新生物)と診断確定されたときにローン残高の50%が保障されます。
がん保障

ミック / PIXTA(ピクスタ)

就業不能になったら残りのローンが支払われるものもありますが、このがん50%保障はがん(悪性新生物)と診断確定されただけで、その後のローン残高が50%(1/2)となります。
「がん50%保障」に入ることの必要性とは?
2012年までの調査によると、人口の高齢化ということもあり、がん罹患数は年々増加傾向にあります。

「自分は健康だから大丈夫」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.