くらし情報『中古と新築を天秤にかけてみた【27歳、一軒家を買う】』

2019年2月1日 11:50

中古と新築を天秤にかけてみた【27歳、一軒家を買う】

27歳(妻子持ち。地方在住)にして一軒家を購入したライター兼WEBデザイナーの堀本です。

前回の「20代で一軒家の購入を決意した理由」は一軒家の購入にかかる支出、金利の話などを交えてのお話しでした。

今回は20代の私が実際に行った「初めての家探し」についてご紹介します。

■ 最初は中古物件一択だった
一戸建て

bee / PIXTA(ピクスタ)

20代で一軒家の購入を決意した私でしたが、正直なところお財布事情はそれほどよくはありません。

収入的には同世代と同等か、時期によってはちょっといいくらい……。

そんな私がまず検討したのが「中古物件」。

中古物件であれば土地も建物もセットで1,000万~2,000万円ほど。物件情報サイトで検索すると中古物件はゴロゴロ出てきます。

■ アメリカのDIY文化に憧れが
DIY

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

「安さ」だけでなく、中古物件の場合は自分好みに「リノベーション」できるという楽しみもありますよね。

むしろちょっとボロいくらいの中古物件を購入して、自分の手でDIYしたい…という願望もありました。

DIYはまったくの未経験でしたが、この物件ならどう手直ししようか、などと妄想していました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.