くらし情報『パティオ(中庭)がスペインの家に必ずある理由とメリットとは?』

2019年2月19日 17:50

パティオ(中庭)がスペインの家に必ずある理由とメリットとは?

スペインの南部、アンダルシアにはパティオ(中庭)のある家が一般的です。

パティオという中庭は、スペイン建築でよく見られます。

なぜ、パティオ(中庭)のある家が多いのかを考えてみました。

■ アンダルシアの古い町並みは、細い道が特徴

アンダルシア


アンダルシアの夏は暑いことで有名です。

午後3時くらいが最高気温で、45度になるなんてしょっちゅう。

2018年の夏、メスキータがあるコルドバは52度を記録しました。

そのように暑いアンダルシアでどうやって生活しているの?と思う人も多いのではないでしょうか。

実は意外に家の中は涼しいのです。

アンダルシア


その秘密は、細い道。

細い道だから、家と家があまり離れていません。そのためお互いに影を作り合うのです。

おまけに古い家は、分厚い壁で覆われています。

壁の厚さがなんと60cmもあるため、外の温度に左右されません。

外壁が白いのは、細い道で影を作りあっても光を反射して、暗くならないようにしているのです。

■ 家と家が近くにあっても中庭を作れば影ができる!

パティオ


いくら道を細くしても家が庭で囲まれていては当然、家と家の間隔が広くなってお互いに影を作れません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.