くらし情報『プリンターのインクは「タンク式」「カートリッジ式」どっちがおトク?』

2019年1月31日 20:00

プリンターのインクは「タンク式」「カートリッジ式」どっちがおトク?

今では一家に一台が当たり前になりつつあるプリンター。

コピー機として使ったり、スマホからデータを送って直接写真をプリントできるなど、多機能化した複合機が近年人気を集めています。

最近よくCMで見かけるのが「タンク式」のプリンター。

「実際のところ、あれってどうなの?」について、使ってみた感想を簡単にお話します。

■ 「カートリッジ式」とは違う「タンク式」の魅力

タンク式


手前にあるのが「カートリッジ式」のインクカセット。奥にあるのが「タンク式」のインクボトルです。

見た目も形も違いますが、大きな違いはそのインク容量。

さらにインクのコストも大きく変化するとあって、この度「カートリッジ式」から「タンク式」のプリンターに買い替えました。

この記事では、主にエプソンEW-M630Tについてお話ししています。
インク交換の頻度が激的に減るって本当?
タンク式


EPSONのカタログでは「約1年間使える」とした、インクボトルを採用しています。

これまで我が家で使っていたカートリッジ式インクの容量は5ml。

こちらのボトルインクには127ml入っているので、カートリッジ式のものに比べると、約25倍の量に!!

年賀状などを印刷していると、何度もインク切れを起こして、交換が大変だと感じていたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.