くらし情報『建売住宅のメリットとデメリット!元住宅不動産業者だから知ってる』

2019年2月10日 21:30

建売住宅のメリットとデメリット!元住宅不動産業者だから知ってる

建売住宅にするか?注文住宅にするか?

住宅を購入する際に、迷うポイントです。

こだわりを持って家づくりをするなら注文住宅がいいけれど、建売住宅の方が低価格なイメージ、と漠然と感じている方も多いのではないでしょうか。

今回は、前職で住宅不動産会社の設計職に就いていた筆者が、建売住宅のメリット・デメリットをご紹介いたします。

■ 建売住宅とはどんな家のこと?

建売住宅とは、土地と建物をセットで販売する新築分譲住宅のことです。
新築分譲住宅

kunio / PIXTA(ピクスタ)

販売時に、既に建物が完成している場合と建設中の場合とがありますが、どちらも間取りなどの設計は決められており「完成品」として販売されているイメージです。

まとまった規模の敷地に、統一感のある仕様の住宅が10棟~100棟同時に建設されることもあれば、1棟~5棟の数棟のみ建売で販売される場合もあります。

■ 建売住宅のメリット

完成物件の場合、契約から引っ越しまで1か月程度で済んでしまうので、立地や環境などの希望条件と出費を整理して契約にのぞめば、住宅購入の方法としては最もスピーディーに進めることができます。
建売住宅

めがねトンボ / PIXTA(ピクスタ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.