くらし情報『「火災保険」には最低でも入るべき!台風21号の被害に遭ってわかった!』

2019年2月14日 21:30

「火災保険」には最低でも入るべき!台風21号の被害に遭ってわかった!

「火災保険」に入っていると、台風被害での修繕費用に充てることができるって知っていましたか?

2018年9月4日。関西圏を台風21号が襲いました。

和歌山・大阪・神戸で屋根瓦が飛ぶ・窓ガラスが割れるなどの被害が出て、電柱も折れて、最長1週間停電した地域が出ました。

今回は、修繕完了した筆者の実家を例に、住宅に関する保険「火災保険」には最低でも入るべきという、その重要性をご紹介します。

■ 台風21号通過時、家はどうなったか?
台風

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

台風21号は昔から恐れられている大阪湾通過コースで、学校や会社では前日に「明日は休校・休業」とし、百貨店や大型商業施設は早めに閉店、電車も午後11時までに全線止まりました。

9月4日の午前中、台風は予報通りの時刻に、筆者が住む地域を通過しました。

風音や物音がおさまってから外に出ると、カーポートの屋根1枚が飛んでいて、屋根瓦の一部も吹き飛ばされていました。

カーポート


少し離れたところに住む実家から、「屋根瓦がかなり飛んだ」と連絡がありました。

両親は高齢で、片付けの手伝いなど必要だろうと、自宅の片付けをしてから1週間ほど実家に滞在することにしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.