くらし情報『羽毛ふとんを80年以上使うための洗浄とリフォームとは?キャリア25年のプロに聞きました』

2019年4月9日 21:30

羽毛ふとんを80年以上使うための洗浄とリフォームとは?キャリア25年のプロに聞きました

羽毛ふとんの正しい選び方について、今まで2回にわたってご紹介してきました。

暖かくなってくると、羽毛ふとんがそろそろ不要となってきます。

今回は、羽毛ふとんのリフォーム、打ち直しと仕立て直しについてのお話です。

お手持ちの羽毛ふとんがリフォームによって見違えるようになり、親子3代に渡って使うこともできます。

羽毛は実は、寝具向け素材(天然、人工問わず)の中でも、特にその耐久性と再生能力において最も優れている素材です。

適切なメンテナンスにより、親子3代(通算80年以上)の間使える素材です。

ぜひ、お手持ちの羽毛ふとんを、せめて一生の間、快適に使用できるように、メンテナンスについての知識と理解を持っていただけたらと思います。

■ 羽毛ふとんの洗浄方法は大きく分けて3つ

羽毛ふとん


羽毛ふとんはまず側生地から汚れていきます。

また、側生地を通して、体から出る水分や油脂分などが羽毛にまで浸透していきます。

すでに5年以上使用されている場合は、洗浄をお薦めします。羽毛ふとんの洗浄方法には大きく分けて3つの方法があります。
1.丸洗い
羽毛ふとんをそのまま丸ごと洗う“丸洗い”。

丸洗いの場合、側生地のシミ抜きなどをした後、布ふくろ(カバー)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.