くらし情報『ウチって仮面夫婦予備軍?既婚男女が語る「夫婦関係」の実情とは?』

2019年3月26日 21:30

ウチって仮面夫婦予備軍?既婚男女が語る「夫婦関係」の実情とは?

結婚はゴールではなく新たな人生の始まり。

離婚率が3割という今の時代。もしかして自分たちも「仮面夫婦予備軍」と思っている人もいるのでは?

相手の呼び方、食事をとるタイミング、一緒に過ごす時間など、巷の夫婦関係の実態はどのようになっているのでしょうか?

そこで、既婚男女によるリアルな夫婦関係についてご紹介いたします。

■ 配偶者の呼び方の最多は「お母さん・お父さん」!

エニワンが既婚男女1,591人を対象に実施した「夫婦関係に関する意識調査」。

この調査ではまず、「配偶者の呼び方」について尋ねました。

最も多かったのは、「お母さん・お父さん」(22.5%)という結果でした。
若い家族

photomai / PIXTA(ピクスタ)

グラフ


4位の「ママ・パパ」も合わせると、なんと39.9%と4割近くがお互いを母親・父親の呼称を使って呼んでいることが判明しました。

2位は「名前を呼び捨て」(20.5%)、3位「ニックネーム」(18.7%)、そして5位は「名前にちゃん付け」(13.6%)という結果となりました。
若い夫婦

Blue flash / PIXTA(ピクスタ)

まだ子どもがいない夫婦は、名前を呼び合う場合が多いのかもしれませんね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.