くらし情報『愛犬の性格によって違う!来客時に飼い主はどう対応すればいい?』

2019年4月11日 21:30

愛犬の性格によって違う!来客時に飼い主はどう対応すればいい?

来客時、あなたの愛犬はどんな反応を示しますか?

来客に吠えて困っている……、遊んでほしくて大興奮……、飛びついてどうしようもない……など、ワンちゃんの性格によって反応もさまざまです。

今回は、ペットの行動学や食育を学んだ愛犬家として愛犬の反応と性格別に飼い主として何をすれば良いのかを解説します。

■ ビビリで怖がりな犬の場合
怖がる犬

https://pixabay.com

低い声で唸ったり、来客を見て吠え続けるが来客が手を出すと逃げるなど、自身の身を守りたい「こっちにこないで!」と必死にアピールしています。

そのアピールは威嚇ですので、お客さんが無理に仲良くしようと手を出すと、噛んでしまったりさらに吠えてしまったりします。

この場合、飼い主としてはお客さんに吠え付く愛犬をすぐに止めたくなるはずです。

名前を強く呼び、吠えたときに怒ったり、慌てて抱っこをしたり……お客さんも飼い主さんも慌ててしまうことがよくあります。

愛犬からしたら来客は「自分の部屋への侵入者」です。

小型のワンちゃんからしたら、大きな生き物が迫ってくるわけです。

怖いと思うのも無理はありません。

この性格の愛犬に対して飼い主としてできることは2つです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.