くらし情報『カーテンとブラインドはどっちがいいの?迷ったときは機能性とデザイン性で比較』

2019年5月10日 11:50

カーテンとブラインドはどっちがいいの?迷ったときは機能性とデザイン性で比較

窓まわりのインテリアとして、よく比較検討されるカーテンとブラインド。

筆者は以前オーダーカーテン・家具のコーディネーターとして企業で働いた経験があり、過去に100軒以上のお宅のカーテンをコーディネートしてきました。

実際に迷われていたお客様へ提案してきた内容を元に、迷ったときはカーテンとブランインドはどっちを選べば正解なのかをご紹介します!

■ 2つの大きな違いは「素材」と「操作の仕方」

カーテンとブラインド


まず、カーテンとブラインドはどんなものなのか簡単に紹介します。

ご存知のようにカーテンは柔らかい布をカーテンレールに掛けて、左右に開閉するウィンドウトリートメント。

一般的には、厚手のドレープカーテンと透け感のあるレースカーテンの2枚を吊り、調光を行います。

ブラインドは横型と縦型のものがあり、横型はベネシャンブラインド、縦型はバーチカルブラインドと呼ばれています。

どちらもスラット(はね)をコードで等間隔につなぎ、スラットの角度で調光します。

スラットが水平に並ぶ横型ブラインドは上下に、スラットが垂直に並ぶ縦型ブラインドは左右に開閉します。

素材には、木製や竹製、布製や金属製などがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.