くらし情報『注文住宅で予算オーバーしないために。削るならどこをまず確認?』

2019年6月29日 21:30

注文住宅で予算オーバーしないために。削るならどこをまず確認?

注文住宅で家を建てる場合は、思う存分理想を詰め込みたいですよね。
そこで必ず頭を抱えるのが予算のことではないでしょうか。

最終的に予算がオーバーして削る箇所を検討することはよくあります。
注文住宅を建てる上で、まず押さえておきたい、予算を削れる余地のある部分について解説します。

■ 家のカタチはできるだけ凹凸を少なく
マイホーム

ino masa / PIXTA(ピクスタ)

家のカタチをどうするかで、費用が異なります。
例えば、1階と2階でつくりが異なったり、凹凸が多いほど外壁の量も多くなり、その分費用がかさみます。
総2階にして、すっきりとしたカタチにすると費用を削ることができるのです。

外観に少し工夫が欲しい場合には、外壁を張り替えたり、一部だけ外壁材を変えたりすることで変化を加えることもできます。

■ 子ども部屋はできるだけシンプルに
子ども部屋

イグのマスタ / PIXTA(ピクスタ)

最近では「リビングで勉強すると学力が伸びる」なんてことも言われています。
ですが、やはり子どもの部屋は個人で持たせたいと考える親が多いでしょう。

ただ、子ども部屋は将来的には独立すると物置きになったり、特に使い道のない部屋になってしまう可能性があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.