くらし情報『自然災害で自宅が全壊したら住宅ローンは免除になる?』

2019年11月14日 20:34

自然災害で自宅が全壊したら住宅ローンは免除になる?

地震や台風などの自然災害で自宅が全壊したとしても、住宅ローンの債務は残ります。

最悪の場合、今まで金融機関から借りていた住宅ローンに加え、自宅の修繕や新たな住宅購入のためにローンを組んで二重に返済することにもなりかねません。

今回は、自然災害でローンの返済が難しくなったときにどうすればよいのか、ファイナンシャルプランナーの吉井希宥美さんに対応策を教えてもらいました。

■ 1. 行政の救済措置を知っておく
罹災証明書

artswai / PIXTA(ピクスタ)

災害時には、行政などから給付金を受けられることがあります。以下に主なものを紹介します。詳しくは内閣府のホームページをご覧ください。
1-1 被災者生活再建支援制度
この制度は、災害により住宅が全壊するなどの被害を受けた世帯に対し、最大300万円の支援金が支給されるものです。

「基礎支援金」と「加算支援金」の合計額が支給され、「基礎支援金」の支給額は全壊なら100万円、大規模半壊なら50万円。「加算支援金」の支給額は「建築・購入」なら200万円、「補修」は100万円、「公営住宅を除く賃借」は50万円です。
1-2住宅の応急修理(災害救助法による)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.