くらし情報『穴が広がり、ネジが空回り!爪楊枝で壁を簡単に補修する裏技』

2021年2月18日 20:15

穴が広がり、ネジが空回り!爪楊枝で壁を簡単に補修する裏技

ゆるゆるネジ穴を家にあるもので簡単に直すことができる


壁に取り付けたカーテンレールやフックがグラグラ。ネジを締め直しても空回り…。そんな経験はありませんか?

その原因は、ネジ穴が広がってしまったため。「そんなときは、家にあるものを使って簡単に直すことができます」と話すのはインテリアコーディネーターの木村充子さん。しかも壁のネジ穴だけでなく、家具のネジ穴の補修も同じ方法でできるのだとか。さっそく教えてもらいました。

■ 広がったネジ穴の補修に用意するものと補修の仕方を解説

カーテンレールに干した洗濯物


カーテンレールを洗濯物干し代わりに使っているお宅はありませんか?実は、筆者も雨が続くときに使っています。

しかし本来とは違う用途のため、カーテンレールには負荷が掛かっています。気がついたらレールがグラグラ…ということも。そんなときは、爪楊枝と木工用ボンドで簡単に補修ができます。

【用意するもの】
  • 爪楊枝
  • 木工用ボンド
  • ドライバー
【補修の仕方】

広がったネジ穴に木工用ボンドを流し込む

①ゆるくなっているネジを外し、ネジ穴に木工用ボンドを流し込みます。

広がったネジ穴に爪楊枝を差し込む

②ネジ穴に爪楊枝を差し込みます。

広がったネジ穴に差し込んだ爪楊枝を折る

③爪楊枝を折ります。このとき、穴よりも爪楊枝が大きく盛り上がらないように注意します。盛り上がっていると、ネジが最後まで入りません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.