くらし情報『寿命は将来150歳になる?長寿化時代に求められる新しい働き方』

2015年8月15日 20:00

寿命は将来150歳になる?長寿化時代に求められる新しい働き方

寿命は将来150歳になる?長寿化時代に求められる新しい働き方


いま、人間の寿命は延び続けています。1950年の平均寿命が78歳だったのに対し、現在は84.5歳。

しかも、英語圏のニュースサイト『GOOD』で紹介されている研究によれば、人口における85歳以上の人の割合は、2050年には35%に増えているのだとか。

さらに驚くべきことに、現在の若者が年を取るころには、寿命は150歳まで伸びている可能性もあるというのです!

そうなると、65歳くらいで仕事を辞めてもその後の生活は85年……。ライフスタイルを根本から考えなおさなければならないかもしれません。

■長寿化が進めば働き方を考え直す必要がある

世界最高齢の記録は122歳で、フランスの女性、ジャンヌ・カルマンさんが保持しています。しかし彼女以外にも、110歳以上まで生きる人はさほど珍しくありません。

長寿化が進むにつれて、私たちは「どう生きるか」「どう働くか」を考えなおす必要に迫られるでしょう。

「私たちは歴史上、これまでにないほど長生きするようになりました。人類として、初めての事態に直面しているのです」とスタンフォード大学の研究者であるタマラ・シムズさんはいいます。「働き盛りの中年期をどう過ごすか、文化的な変革が必要になっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.