くらし情報『過去に囚われず明るい未来を描けるようになる「時間術」3つの業』

2015年10月22日 08:00

過去に囚われず明るい未来を描けるようになる「時間術」3つの業

過去に囚われず明るい未来を描けるようになる「時間術」3つの業


『メンタルトレーナーが教える未来を動かす時間術』(久瑠あさ美著、秀和システム)の著者は、トップアスリートのメンタルトレーニングに取り組んで注目を集め、現在も企業経営者、ビジネスパーソンなど個人向けのメンタルトレーニングを行っているというメンタルトレーナー。

そんな実績をもとに、本書では人生に変革を起こす「時間術」を解説しています。

この根底にあるのは、「目に見えない“時間”をどう扱うかが、自分という人間の価値を決めていく」という考え方です。

■3つの心の業で潜在能力を引き出す

そもそも「時間術」には3つの“心の業(わざ)”があり、それらを並列的に行うことで効果が発揮されるのだとか。ひとつひとつ確認してみましょう。

[Step1]自意識に麻酔をかける業

自意識に麻酔をかける業を行って意識を曖昧にすると、メンタルブロックが外れ、感情を自在にコントロールできるようになるといいます。

[Step2]未来の記憶をつくり出す業

未来の記憶をつくり出す業を行いワクワクする未来を想像すると、「無限大のビジョン」が勇気を生み出し、根拠のない自信が沸き起こることに。

[Step3]未来をキャッチする業

未来をキャッチする業を行い、迷いなく「やりたいこと」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.