くらし情報『日本の児童虐待が過去最多の約9万件!海外の有効な児童虐待対策』

2015年12月24日 13:00

日本の児童虐待が過去最多の約9万件!海外の有効な児童虐待対策

日本の児童虐待が過去最多の約9万件!海外の有効な児童虐待対策


全国207箇所ある児童相談所が平成26年に対応した児童虐待件数は、前年度から20.5%増加して8万8,931件。過去最多の件数です。

児童虐待は、調査を始めた1990年から24年連続で増加しています。

原因は貧困にも関係しています。離婚や不景気などで労働時間が増えて時間がなく、ストレスから子どもにあたってしまう事件などが急増中。

胸が痛くなるような出来事ですが、海外ではどのように虐待対策を練っているのでしょうか?

■北欧では小さなエリアで展開

スウェーデンでは、人口12万人に対して児童相談所のスタッフ45名。デンマークでは人口8万人に対して90名のスタッフがついています。日本の東京は215万人に62名なので、圧倒的に北欧はスタッフの割合が多いのです。

フィンランドでは、妊婦から就学までの切れ目ないワンストップサービスが支援されています。しかも、サービスは100%無料で利用できます。

また、妊娠期から相談できるため、母親は不安を解消することが可能。大きくなるまでのワンストップサービスを重視しており、妊娠期から虐待の予防支援を実現しています。

またエリアを小さく区切ることで、把握しやすい、手が届きやすい支援を行うことができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.