くらし情報『指示は5W1Hを意識!部下が絶対「目標達成する」仕事の頼み方』

指示は5W1Hを意識!部下が絶対「目標達成する」仕事の頼み方

ただ、理屈でわかっていたとしても、現実的に人を使うこと、もっと具体的にいえば、部下になにかを頼むことはなかなか難しくもあります。

仕事を任せるためには、部下に快く引き受けてもらえるようにうまく頼むことが重要。そのコツはたったひとつで、「部下の立場になって頼む」ということだと著者はいいます。

なぜなら自分の都合で頼むのは、マネージャーではなくプレーヤーのやり方だから。

具体的には、以下の9つのステップをしっかり押さえておくことが大切だとか。

■1:部下の状況を確認する

部下に仕事を受ける時間的・能力的余裕があるか?その状況を見極めることが大切だ。なぜなら無理にやらせると、かえって反発を生むことになってしまうから。

しかし仕事に納期はつきものなので、優先順位をつけることで調整すべき。


■2:仕事を任せたい意思を伝える

なにかを頼むとき、前置きが長いと部下をイライラさせてしまうもの。そこで単刀直入に、頼みたい旨を伝えるのがいいそうです。

場合によっては「ノー」といわれる可能性もありますが、そんなときは納得いくまで話し合うことが大切。


■3:あらかじめ覚悟を決めてもらう

難易度が高いことや、手間がかかることなどは先にいうのが鉄則。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.