くらし情報『20代の半数以上が感じていた「スクールカースト」の悲惨な実態』

2016年4月11日 20:00

20代の半数以上が感じていた「スクールカースト」の悲惨な実態

目次

・「見た目がすべて」から生まれるスクールカースト
・学校生活はスクールカーストが全てで逃れられない
・ネット上だとカーストはないが少し変わりつつある
・お肉さんが「地獄のような高校生活」で学んだこと
IMG_0046ac


学内でのイジメ問題に関連し、「スクールカースト」という言葉をよく耳にするようになりました。

『桐島、部活やめるってよ』や『暗殺教室』など、人気作品の背景になっていることでも知られていますが、つまりは学校社会に存在する階級制度のこと。学年とは異なるピラミッド状の上下関係が生じていることから、カースト制度になぞらえてこう表現されています。

このスクールカーストについて、株式会社オウチーノが「高校時代にスクールカーストはなかったと思うか?」という質問を投げかけたところ、30代の61%が「カーストはなかった」と答えたのに対し、20代で「カーストはなかった」と答えた人は約44%しかいなかったそうです。

つまり、20代の半数以上がスクールカーストの存在を感じていたことになるのです。

しかし、私たちはそんなスクールカーストを本当に理解しているのでしょうか?

学生時代にはスクールカーストなど感じなかったという人や、逆にスクールカーストにどっぷりつかっていた人には見えてこないなにかがあるかもしれません。

そこで今回は、エッセイ漫画『いつもうっすら黒歴史』で、スクールカーストの外で過ごした高校生活を描いた「お肉おいしいさん(以下お肉さん)」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.