くらし情報『これで65歳すぎても大丈夫!フリーランスが年金を増やす方法』

2016年4月12日 20:00

これで65歳すぎても大丈夫!フリーランスが年金を増やす方法

目次

・1:攻めの「個人型確定拠出年金」で年金を増やす
・2:「国民年金基金」で守りを固める
・3:「付加年金」でコツコツと年金を増やす
・4:未払いでも間に合う「年金」に加入する
shutterstock_262331945


会社員にくらべて、仕事のペースや幅に自由度のある自営業。

「思い切って独立したい!」「脱サラしてカフェをはじめたい!」というような働き方にあこがれる人が多い一方、「厚生年金にくらべて年金が少ないし、退職金もないし……」と二の足を踏んでいる方も少なくないはず。

でも、本当にそうでしょうか?

じつは自営業者をはじめとした「国民年金の第1号被保険者」こそ、工夫しだいで年金を増やすことが可能なのです!

節約アドバイザーのヨースケ城山さんに、自営業者の老後資金づくりについて伺いました。

■1:攻めの「個人型確定拠出年金」で年金を増やす

確定拠出年金は、自分で増やして公的年金に上乗せできる制度です。

特徴は、自らの責任のなかで金融商品を選び運用する点。運用次第で受け取れる年金額が決まる「資産形成」と、掛け金が控除対象になる「公的制度」の側面を併せ持っています。

最大のメリットはやはり、毎月の掛け金(保険料)全額が所得控除の対象になる点。保険料として支払っている金額×税率分が戻ってくることになります。

自営業者など「国民年金第1号被保険者」の場合、掛け金は月5,000円~68,000円の間で自由に決めることができます。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.